社員インタビュー

新規開拓したお客様から初受注をいただいた時はすごく嬉しかったですね。

SANAE MORISHITA

森下 紗苗

営業部/ 平成18年 入社

社員インタビュー

森下 紗苗
昭和59年生まれ 営業部 / 平成18年 入社

官庁、民間の営業、お客様との懇親

森下さんの1日のタイムスケジュール

  • 6:00起床
  • 8:00本社出勤
  • 8:30始業、朝のミーティング(営業部と設計管理部)
  • 9:00事務処理
  • 12:00昼食・休憩
  • 13:00営業
  • 16:00帰社・事務処理
  • 18:30帰宅
  • 24:00就寝

入社のきっかけを教えてください

入社当時のことを教えてください。
私は入社当時から営業部に配属されたのですが、入ってすぐの頃は、いわゆる営業事務のお仕事をしていました。
営業事務の仕事の内容は、公共工事の入札に参加する為の書類一式の作成や、弊社とお取引のある民間の会社さまの情報の整理などをしていました。
まずは弊社と関わりがあるお客さまを把握することから始めました。
その後に先輩社員の方に付いて一緒に営業に出て、仕事のやり方をひたすら真似る感じでしたね。
現在はどのようなお仕事をしていますか?
弊社は、飛び込みで企業を回って新規開拓をするような営業は少なく、主に既存のお客さから継続受注をいただくことが重要になっています。
民間事業でいうと、主にデベロッパー(開発業者)さんやゼネコン(総合建設会社)さんが「お客様」にあたるのですが、営業職としての役割は、自分の担当するお客様の窓口となって、設計・管理部や工事部の橋渡し役をすることです。
例えばお客さまからお見積りのご依頼は私達営業部にいただくのですが、実際に見積もり積算するのは、設計・管理部になります。
後は、建設業界に関する情報収集なども行っています。
営業さんはコミュニケーション能力が重要だと思うのですが、工夫していることはありますか?
建設業界の方々は昔からゴルフ好きの方が多いので、少しでも自分の事を覚えてもらえるように入社してすぐにゴルフを始めました。
ただ、女性でゴルフができる人はあまり多くない上に、ある一定のレベル以上にないと、次のお声が掛からない、というのを痛感したので、本格的に習いに行くようになりました。
そのうちに、もうすっかりハマってしまいましたね(笑)
お陰さまで今では、会ったことのないお客様にも名前を覚えていていただいたりするので、コミュニケーションツールとしてゴルフを初めたとはいえ、本当に良かったと思っています。

失敗談などはありますか?

失敗談や怒られた経験はありますか?
毎日怒られています(笑)。初めの頃は何もわからないでお客様のところに行っていたのでお客様から「もっとしっかりしろ!」など厳しくも優しい指導を受けました。今は社外でも社内でも少なくなりましたが、とてもありがたい指導だと思っています。
お客様にとっては私と付き合いをしないという選択もある訳なので。そこをあえて私に厳しくも教えてくれるということは私の為に時間や気力を使ってくれているということなので貴重な経験だと思っています。
仕事で充実感を感じる時はどういう時ですか?
新規開拓したお客様から初受注をいただいた時はすごく嬉しかったですね。
自分の頑張りが実った瞬間なので。お陰さまで今でもお付き合いを続けさせていただいています。
これから就職を検討している人にメッセージをお願いします。
営業職を希望している人には是非ゴルフをオススメします(笑)。
コミュニケーションが得意でも不得意でもゴルフ場でお客様と一緒にいる時間が作れるのと、何より営業訪問した時とは違った会話をすることができます。
是非これから入ってくる人にもチャレンジしてほしいなと思っています。
私が先輩として1から教えますので(笑)

他の社員のインタビューを見る